1分でわかるニキビ!ニキビの種類と原因を理解してから治そう

4種類の色に大別できるニキビの状態

4種類の色に大別できるニキビの状態

すべてのニキビは医学的には「尋常性痤瘡」と呼ばれ、尋常性は「特別ではない」、痤瘡は「できもの」という意味があります。つまり、ニキビは一般的な皮膚の病気であり、皮膚科を受診することが一般的です。

ニキビの初期症状は肌にポツンとできる白ニキビです。最初に毛穴が塞がって、角栓と皮脂が詰まったことで、毛穴を中心に徐々に皮膚が肥大しながら表皮を盛り上がります。

盛り上がった表皮は色味がないために目立ちませんが、その部分を触れると赤くなりやすいです。この白ニキビが黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどに悪化したり、色素沈着やニキビ跡にして残る可能性があります。

例えば、次第に膨らんだ白ニキビのせいで毛穴が開いてしまい、毛穴の中が詰まったりします。そこには皮脂、老廃物、角質が混ざり合った汚れが溜まり、酸化して黒くなると黒ニキビです。

黒ニキビの周辺は赤くなりますが、中心部は黒くなり目立ってきます。白ニキビや黒ニキビが悪化すると皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖します。その菌と体内の白血球の影響で、皮膚は炎症しがちです。

この肌の表面が赤く腫れて、中央に白い皮脂の塊がある状態を赤ニキビと言います。ここまで悪化すると痛みを感じ、治療に時間がかかります。

さらに赤ニキビが炎症し続けると真皮内に膿が溜まり、膿疱と呼ばれる黄ニキビになります。完全に毛穴に皮脂が詰まりながらも、腐った膿で皮脂が大きくなった状態です。

これらの皮脂と膿が皮脂腺を突き破って、表皮の下にある真皮層や皮下組織にまでダメージを与えます。炎症の範囲が大きいために傷になりやすく、クレーターのような跡が残りやすいです。

ニキビが発生しやすい3つの原因

正常な肌にニキビが発生する原因は「皮脂の過剰分泌、アクネ菌の増殖、病気による症状」の3つに大別できます。

1

皮脂の過剰分泌

ニキビは毛穴がふさがって肌が盛り上がることから始まります。毛穴がふさがる原因は皮脂の過剰分泌であり、さらに皮脂腺の肥大化や肌の不衛生が伴って、ニキビになります。

皮脂が過剰に分泌してしまう理由には、生活リズムやストレス、ホルモンバランスの崩れがあります。

2

アクネ菌の増殖

ニキビの原因であるアクネ菌は常に毛穴に存在していますが、これが増殖するとニキビになります。増えたアクネ菌と戦うために白血球が活性酸素を出して、皮膚炎を起こします。

アクネ菌が増殖してしまう理由には、洗顔不足で皮脂や汚れが落ちていなかったり、逆に洗顔しすぎて肌が乾燥しているなどです。

3

病気による症状

何らかの病気が原因で起こるニキビです。外用薬で肌を治療しても、内服薬でビタミンBやビタミンCを補っても、ほとんど改善が見られません。根本原因である病気を治さない限りは肌荒れがなくならないです。

10代の場合は思春期によるホルモンバランスの崩れが1番の原因であり、皮脂分泌が活発な上、毛穴がまだ小さいために皮脂が目詰まりして、ニキビが起こりやすいです。

20~40代では特に皮脂の過剰分泌とアクネ菌の増殖が原因で、何度もニキビができます。条件がそろえば年齢に関係なくできるわけです。

大人ニキビは生活リズムの乱れ、過剰なストレス、ホルモンバランスの崩れなどの生活習慣の悪化で肌荒れを起こしやすく、それがニキビの発生にも繋がります。

肌荒れと炎症が発生しやすい箇所

肌荒れと炎症が発生しやすい箇所皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まって、炎症が始まるために、ニキビができる箇所は毛穴周辺に限られています。

毛穴がない足の裏や手の平には一切できませんが、あご、頬、口の周り、額には毛穴が多く見られ、首筋、背中、胸の中心部にもできやすいです。

つまり、皮脂の通り道である皮脂線が集中している箇所はニキビができやすいです。このように皮脂腺が多い場所は脂漏部と呼ばれます。特に顔は脂漏部が多く、肌荒れが目立つために触って悪化しやすいです。

額やあごは毛穴が開きにくいので白ニキビや赤ニキビに留まりますが、鼻は毛穴が開きやすいために黒ニキビに変化します。頬は膿みやすいためにニキビ跡に変化しやすいです。

また、大人になると背中にもニキビができやすく、汗がかきやすい胸元のVゾーンも皮脂分泌が活発です。紫外線もニキビが悪化するために、UVケアで顔を保護します。

性別では女性のほうが男性よりも毛穴が小さいので皮脂も詰まりやすいですし、化学繊維の肌着や夏場の汗もニキビを悪化させるため、肌をケアするためには複合的な対策したいです。

ニキビの根本治療は生活習慣の改善

ニキビの治療は「過剰に皮脂を発生させないこと、肌の余分な脂を取り除くこと、肌の衛生状態を保つこと」が基本です。

最初に毛穴に皮脂が詰まってできるのであれば、まずは顔をよく洗顔料で洗って、皮脂を貯め込まないようにしましょう。

ただし、洗顔料を使った洗顔は1日に1~2回が限度とします。洗いすぎは保湿に必要な皮脂まで奪ってしまうので逆効果です。朝は洗顔料でさっぱりして、昼は水だけで洗い、帰宅後も汚れを落とすために顔を洗って、お風呂で洗顔料でよく洗います。

肌は敏感ですので、タオルやバスタオル、手や爪もきれいな状態を保ちたいです。寝具ではシーツとまくらカバーも最低でも月1回は洗い、顔に付けるマスクは使い切りで清潔にします。

汗をかいたあとは水で洗い、メイクをきちんと落とし、春から夏は紫外線対策をするなど、肌への気配りが大切です。

バランスが整った食事も大切です特にビタミンA、B、C、Eなどの栄養素をしっかりと摂取します。食事と睡眠時間も決めた規則正しい生活のほうが代謝が良くなり、肌にはプラスです。

同時に皮膚科での外用薬を塗り、体外と体外からニキビの改善を行うことで治るスピードを速めましょう。日常的には市販されている洗顔料よりも、ニキビ専用の洗顔料のほうがニキビには効果的です。特に洗顔料、化粧水、美容液の3点セットはおすすめです。

適切に予防しないとニキビはいつまでも発生し続け、改善しないとニキビ跡が残ってしまいます。ニキビ跡は傷ですので通常のケガと同様に自然にきれいになることは保障できません。

ニキビを治療するポイントは原因を知ることです。ニキビについての正しい知識があれば、今後できるニキビの予防と今あるニキビの治療の両方ができ、次第に健康的な肌に戻ります。

ニキビ専用の洗顔トライアルセット

オルビス
プロアクティブ
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.06.26
更新日更新日 2017.05.01
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
10代のニキビの治し方!小学生・中学生・高校生の肌荒れ対策
10代のニキビの治し方!小学生・中学生・高校生の肌荒れ対策
種類別ニキビ一覧 肌質別ニキビ
早い子供では小学6年生から、主に中学生や高校生など、10代の時期に発生しやすい肌荒れが思春期ニキビです。このニキビは男女共に誰にでもできる...
大人ニキビを治し方!ニキビ専用の洗顔料と皮膚科の治療薬が有効
大人ニキビを治し方!ニキビ専用の洗顔料と皮膚科の治療薬が有効
種類別ニキビ一覧 肌質別ニキビ
大人の顔にも赤いニキビはできます。思春期の頃はホルモンバランスの崩れと皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人は睡眠不足やストレスなど複数の原因...
チョコレートでニキビが発生!カカオマスではなく脂質などが原因
チョコレートでニキビが発生!カカオマスではなく脂質などが原因
ニキビの発生原因 ニキビができる内的要因
チョコレートの原料はカカオマス、ココアバター、ミルク、砂糖です。この中でもカカオマスとココアバターには、脂肪分が多く含まれています。その...
ピーナッツでニキビが増加!大量の油やバターによる味付けが原因
ピーナッツでニキビが増加!大量の油やバターによる味付けが原因
ニキビの発生原因 ニキビができる内的要因
ニキビができやすい食べ物としてピーナッツが悪者扱いされている理由は、脂質が相当高いからです。一般的なチョコレートの100g中34gよりは少ない...
薬用ニキビ石鹸のNonA!甘草エキスが主成分のニキビ対策
薬用ニキビ石鹸のNonA!甘草エキスが主成分のニキビ対策
洗顔でニキビ対策 ニキビ用洗顔料
若い頃のニキビは成長ホルモンの乱れで皮脂の分泌量が増加することが原因ですが、大人は生活習慣の乱れやストレスに乾燥が加わり、毛穴が皮脂や古...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
ニキビン編集部
ニキビン編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
大人ニキビを徹底解説。ニキビの発生原因、洗顔や病院でニキビ対策など、肌をきれいにする方法を解説しています。

おすすめグッズ

RECOMMENDED GOODS

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK