チョコレートでニキビが発生!カカオマスではなく脂質などが原因

チョコレートでは肌荒れにならない

チョコレートでは肌荒れにならない

チョコレートの原料はカカオマス、ココアバター、ミルク、砂糖です。この中でもカカオマスとココアバターには、脂肪分が多く含まれています。

そのため「チョコレートを食べると、顔の毛穴には皮脂が溜まってニキビができやすい」と言われるようになりました。

ただし、この仮説に科学的な根拠はありません。例えば、30人の思春期を迎えた男女と、35人の若い成人男性から成る集団に、チョコレートを食べさせる実験が行われたことがあります。

市販のチョコレートよりも10倍以上のチョコレートが含まれたチョコバーAと、見た目はそっくりなのにチョコレートを全く含んでいない植物性脂肪分のチョコバーBが用意されました。

これらのうち、いずれかを1日1本ずつ無作為に被験者に食べてもらい、4週間行ったら3週間のインターバルを設けて、また4週間に今度は前回と違うバーを食べてもらいます。

最後に皮膚科の専門医が、被験者の顔にあるニキビについて調べました。実験前と実験後で顔の様子を比較したところ、ニキビの状態に変化が認められませんでした。

被験者が思春期と若い成人でも、摂取したチョコバーのチョコの含有量にも、ニキビとは関係していないということです。

さらにこの実験には続きがあり、成人男性5人に先ほどのチョコバーAを1日2本ずつ、1カ月にわたって食べてもらいました。その後、被験者の額に生じた皮脂の分泌量を分析します。

その結果、3人は皮脂の分泌量が増えましたが、残りの2人はむしろ皮脂の分泌量が低下していました。皮脂中に生成された脂肪酸の様子についても、特に変化が見つかりませんでした。

チョコレートとニキビは無関係という証拠

米国の調査では無関係は実証済み

米国政府の研究機関や大学でも、食品とニキビの関係は分析済みであり、いずれも「チョコレートとニキビは無関係」という結論に達しています。

特定の食べ物の摂取することは、ニキビと直接関係がない。科学的にも説明がつかない。

アメリカ食品医薬品局

チョコレートとニキビの悪化とは無関係である。

ペンシルバニア大学

肌が荒れるときにチョコレートを食べる

チョコレートがニキビの原因と誤解された理由は、ニキビができやすいときに「チョコレートが食べたくなる傾向」があるという報告もあります。つまり、肌が荒れやすかったり、ニキビができるときにチョコレートを食べてしまうということです。

例えば、女性は生理前、もしくは仕事や勉強でストレスが溜まっているときなどは、体がチョコレートなどの甘い物を欲することが多いです。

これはイライラしているときにチョコレートに含まれる甘味やテオブロミンが精神を安定させる効果があるからです。

こういった状況下においては、チョコレートの成分よりも「精神状態やホルモンのバランスを崩してしまっていることが、ニキビを作りやすくしている」と推測できるでしょう。

動物には毒であるために誤解された

一方、人間以外の動物にチョコレートを与えた場合について、間違った解釈をしてしまったことも原因の1つです。

例えば、犬が大量にチョコレートを食べると、嘔吐や痙攣、血尿を引き起こすことがあり、最悪の場合は死に至ります。

これはチョコレート中に含まれるテオブロミンが原因です。人間には害はないですが、犬の体重1kgあたりの致死量は「市販のチョコレート30g前後」と言われています。

その結果「チョコレートに毒性があるのであれば、人間にも悪影響を及ぼす」と考えられ、ニキビなどの発生原因になってしまいました。

肌荒れとニキビの原因は砂糖やミルク

チョコレートは体に悪いわけではありません。豊富な抗酸化ポリフェノールが含まれ、動脈硬化を予防して、コレステロール値を下げる効果が期待できます。太りやすいとも思われがちですが、ラットにチョコレートを与える実験では、皮脂中の脂肪酸に大きな変化はありませんでした。

ただし、実際には日常生活で「チョコレートを食べたあとに、体重が増えたり、ニキビができたことがある」という人は多いはずです。これは錯覚ではなくあり得る話です。

確かにチョコレートに含まれるカカオマスは健康的な食品ですが、市販のミルクチョコレートにはカカオマス以上に砂糖やミルクが含まれていますし、ココアバターの含有量も高いです。

その結果、チョコレートの脂肪分が多くなり、それが皮脂分泌を促すこともあり得ます。つまり、他の食べ物よりもニキビができやすい原因はチョコレートの主成分であるカカオマスではなく、チョコレートに多く含まれるミルク、砂糖、ココアバターが原因であると指摘できます。

結局は「チョコレートを食べすぎる=ニキビが発生しやすい」という予想は間接的には正しいです。肌荒れが気になるときは、甘いチョコレートの摂取は控えましょう。一方でカカオマスの成分量が多いビターなチョコレートであれば、問題ありません。

ただ、チョコレートに限らず、どの食べ物も過剰摂取はリスクが高まるため、チョコレートだけが悪いとはなりません。チョコレートも適量であれば、ニキビについてそれほど心配しなくても大丈夫です。

ニキビ専用の洗顔トライアルセット

オルビス
プロアクティブ
本記事は2015年7月27日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
ニキビが発生しやすい5個の内的要因と8個の外的要因
ニキビが発生しやすい5個の内的要因と8個の外的要因
ニキビの発生原因 ニキビができる内的要因
肌荒れに悪影響を及ぼす物質や事象を「危険因子」と呼びますが、ニキビのでは意識的に避けられる危険因子も多いです。例えば「脂っこい食事を食べ...
ビタミンCで体内から肌荒れを治す!抗酸化作用が皮膚の酸化を防止
ビタミンCで体内から肌荒れを治す!抗酸化作用が皮膚の酸化を防止
ニキビの発生原因 ニキビができる内的要因
ニキビができる要因に活性酸素による皮脂の酸化があります。ストレスや紫外線、環境の変化の影響で、皮脂が酸化して、ニキビを誘発させるアクネ菌...
ピーナッツでニキビが増加!大量の油やバターによる味付けが原因
ピーナッツでニキビが増加!大量の油やバターによる味付けが原因
ニキビの発生原因 ニキビができる内的要因
ニキビができやすい食べ物としてピーナッツが悪者扱いされている理由は、脂質が相当高いからです。一般的なチョコレートの100g中34gよりは少ない...

おすすめグッズ

RECOMMENDED GOODS

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK